ハウスクリーニング

ハウスクリーニングのダスキン

ハウスクリーニングでよく知られているサービスはは、ダスキンです。
家の掃除って、本当に大変。毎日毎日いくら掃除をしてもきりがない。
あっちもこっちもやっていたら一日365日掃除ばかりしているようになってしまう主婦の仕事って、世の旦那様が思っている程楽ではなく、結構重労働なんだよね。
炊事、洗濯も大変だけど掃除はとにかく大変。
ちょっと手を抜けばほこりだらけになり、頑固な汚れを落とすには力もいるし時間もかかるし、悲鳴を上げている人も多いと思うなぁ。
そんなとき、大活躍してくれるのがハウスクリーニングで有名なダスキン。
ダスキンはハウスクリーニングでは大手で知られているけど、ダスキンとは「ダスト」の「ダス」と「雑巾(ゾウキン)」の「キン」でダスキンていう社名となったって知ってた?
なるほどなるほどって感じ。ふむふむ・・・。
それと、ミスタードーナツの日本での販売元としても知られているよね。
ダスキンという会社は、結構古い?会社だね。
創業1963年。
私よりも年よりだね(#^.^#)おっと私の年がばれてしまう・・・。もうそんな堂々と言える年じゃないんだよね(;一_一)おっと私の年なんてどうでもいいんだよね、失礼いたしやした。
それで、ダスキン・・・そう、ダスキンにはいろんなクリーニングプランがあるんだよ。
たとえば、お客さんの予算やニーズに合わせてプランを作成するトータル的なクリーニングサービスが「ハウスワイドサービス」。
エアコンの内部に溜まったカビやほこりを掃除してくれる「エアコンクリーニング」。
エアコンクリーニングは個人でやるにはちょっと難しいよね。それから絨毯等を掃除してくれる「カーペットクリーニング」。

床の汚れを取るだけでなくワックスまでかけてくれる「ハードフロアクリーニング」。
べっとりほころがこびりついてしまった電気の笠や内側などをきれいにしてくれる「照明器具サービス」。
まだまだ他にもたくさんあるよ。

企業向けのハウスクリーニング

ダスキンは、家庭向けのハウスクリーニングの請け負いだけでなく企業向けのクリーニングも受け付けていますよ。
企業向けハウスクリーニングのサービスもいろいろあるんですよ。
オフィスの椅子や机をきれいに掃除してくれる「ファニチャークリーニング」やエアコンの内部までしっかり掃除してくれるエアコンクリーニング 天井ビルトイン」などがあります。
他にも大理石をみがいてくれたり多種多様のサービスが用意されています。
家なら、主婦が毎日でも掃除できるからまだいいけど、企業となると掃除はなかなかままならないし、年末の大掃除くらいしか掃除をする時間なんてないから、企業にとってはハウスクリーニングはなくてはならないものかもしれませんね。
私もOLとやらをやっているころは毎日の業務に追われて掃除なんてできなかったよ。
自分の机の上を毎朝拭くのがせいいっぱいだった。
机の上も書類だらけで・・・上司によく怒られていたっけ・・・(>_<)

ハウスクリーニングの需要

ハウスクリーニングにもいろいろりますが、企業のオフィス向けや、共働き世帯や高齢者世帯など何らかの理由で掃除をするのがなかなか難しいという家庭向けのサービスっていうのが主流ですよね。
結構一般家庭でもハウスクリーニングにお願いするらしいですよ。
特に年末は「大掃除」ってことで、かなりハウスクリーニング業界はかきいれどきでしょう。
昔は、主婦が毎日はたきをかけ、畳や床をほうきで掃き、しっかりしぼった雑巾で床を拭き・・・「はたき」も「ほうき」も無い家庭ってきっと多いよね。
というより「はたき」や「ほうき」って言葉さえ知らない人もいるんじゃないかな?
もちろん見たことさえないでしょう。
ハウスクリーニングの需要がこんなに増えるなんて誰が想像できただろう。
今ではハウスクリーニングという業務も私達庶民にも企業にも定着したといえるんじゃないかな。

ハウスクリーニングのコーティング

皆さん知ってますか?
ハウスクリーニングといっても汚れを落としたりキッチンや浴室などの普段あまり手の行き届かない所の掃除という認識があるかもしれませんが、ハウスクリーニングのコーティングっていうのもあるんですよ。
簡単に言ってしまえば、フローリングをぴっかぴかに磨いてくれちゃうわけです。
お客さんが来た時に、チリやほこりが落ちてないのはもちろんのことながら床に自分の顔がうつっちゃうくらい床がピカピカに輝いていたら、「あぁ、ちゃんと掃除されていて、きちっとしたお家ねぇ〜」なんて思われて、なんか気分いいですよね。
掃除をきちっとしている人ってほかのこともきちっとしているってイメージありますよね。
ハウスクリーニングのコーティングは汚れやほこりを落としてから、床の材質に合った薬剤を使い取りきれなかった汚れを浮き上がらせます。
そしてワックスをかけ美しい床に仕上げるのです。
あ〜誰か我が家をきれいにしてほしい。とほとほ。

ハウスクリーニングのコーティング料金

床の面積やタイプによってハウスクリーニングのコーティング料金は変わってきます。
フローリング8畳で1万3000円〜2万円ほどのようですが、業者によっても料金は違うので見積をしてもらうとよいでしょう。
最近の家はフローリングの部屋が多いから、全部やってもらったらどのくらい料金がかかるのでしょう?
コーティングで気になるのが、どのくらいの期間ぴっかぴかの状態をキープできるのかってことですよね。
1〜2年くらいもつものから、3年以上もぴっかぴかなんていうのもあるそうです。
それに紫外線対策抗菌性を持ったものもあるそうですよ。
家庭でワックスをかける方もかなりいるかと思いますが、是非一度、プロの職人技を体感してみてはいかがでしょう。
家がきれいだと、夫婦の喧嘩も少なくなり、嫌いだった掃除もなんかやる気になってきたり・・・などなどいいことがたっくさん訪れてくれるかもしれませんよ。

ハウスクリーニングの求人

最近では求人情報誌で、よくハウスクリーニングの会社の求人をみかけます。
ハウスクリーニングとは、家やオフィスの掃除を行う仕事。
今では一般社会に定着しているように思われますが、比較的若い業種と言えると思います。
家の掃除をプロに頼むというのはいろんな意味で抵抗があるようで、当初は不安の声もありました。
全くの他人を家にあげるという不安もあってのことだとは思いますが、さすがプロ。日ごろの掃除ではやりきれない所や溜まったほこりや汚れをしっかり落としてくれるので、その仕事ぶりは評価が高く、知名度はどんどんアップしてきました。
ハウスクリーニングの市場規模は数年前で1200億円にもなり、空き部屋のクリーニング業務を含めると、なっなっなんと1兆円を超えるとも言われているそうです。
現在もハウスクリーニング業界は成長し続けていると言われています。